治せる治療家、患者さんから選ばれる院、本物の手技技術

柔整・鍼灸コラム

6.物理療法機器について

整骨院にいくとよく電気治療器を使っていますが、
あまり説明を受けることもなく「電気の治療って効果あるの?」と、患者さんは疑問に思うことが多いようです。

じつは、電療(電気治療の略)の効果については、新卒の施術スタッフからも、よく聞かれる質問なのです。
電気治療って、ピリピリとして効いている気がするけど・・・何が良いの?何に効くの??といった感じです。

結論から言うと電療機器をやった場合の効果は絶大です。

「電療=電気治療」とは、人体に微量の電気信号を流すことによって血液循環を促進して自律神経を活性化させ、筋肉の過緊張を和らげる作用があります。

整形外科でもおこなっている治療で、接骨院・整骨院では『手技技術』を補完する目的で行っています。
これが、柔道整復術の起源と云われています。

電療は低周波 中周波 高周波という波形の異なる電気を使いうことで、
表面の筋肉を刺激し活性化したり・筋肉の過緊張(収縮)による肩コリ症状を緩解したり、
血管を拡張させて硬化した筋肉のコリをほぐしたりします。

トリガーポイントを見極めて電療を使う

電療は深部まで十分な刺激を与えることができるため、より高い治療効果を得ることができますが、『トリガーポイント=痛みの根本原因』を見極め、ピンポイントで適切な部分を電気刺激しなければ効果は期待できません。

電療は、様々な疼痛性疾患・首や腰からくる手脚のしびれ・膝に水がたまった(関節水腫)・肩こり・腰痛・筋肉痛の緩和・筋肉のコリをほぐす・末梢神経麻痺症状の緩和マッサージ効果等があります。

そのため、アザースの各院では、患者様が来院したら、とりあえず電療とうことではなく、状態を確認してその日の状態に合わせて電療をします。必要がなければやらないこともあります。

痛みの原因にアプローチする柔道整復術(活法)を駆使することで、身体のゆがみを調整し、パフォーマンスを改善し、一時しのぎでなく、痛みの出にくい身体をつくり上げることができるのです。

電療の種類

干渉波治療器

治療部位を囲むように電極を配置し2種類の中周波を体内で交差させ、その対角線の交点が刺激部位となります。干渉波は生体内で合成されるため、皮膚表面のちりちりとした不快な刺激感覚が少なく、深部の神経・筋肉の治療部位に対して効果があり、吸引電極による「吸引によるマッサージ効果」も期待できます。

干渉波治療器

痛みの原因となる深部組織に高電圧(250V)の電流刺激によって、消炎・鎮痛を行い、治癒力を促進させる「鍼治療のような治療法」で、寝違いやギックリ腰、捻挫や打撲などの急性の痛みや、長引く痛みやシビレなどの慢性症状への効果も期待できます。

手技療法では難しい深部までのアプローチが可能となり、痛みの原因である筋や神経の興奮を抑制し鎮痛効果を発揮させます。
その即効性からスポーツ現場などで結果が求められるトップ選手の治療にも役立っている最先端の電療機器です。

2020年度募集要項

□募集職種

募集職種について>>

□雇用形態 正社員契約社員
□仕事内容 ・一般外傷治療
・自費診療(骨格矯正、コースメニュー)
・受付事務各種書類レセプト作成
・カルテ管理
□研修施設 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町 1−22−16 2F
□勤務地 ・神奈川県横浜市保土ヶ谷区(天王町駅徒歩7分)
・神奈川県横浜市戸塚区(東戸塚駅徒歩2分)
・神奈川県鎌倉市大船 (大船駅徒歩2分)
・神奈川県横浜市金沢区能見台 (能見台駅徒歩2分)
□診療受付時間 【平日】9:30〜20:30
【土曜日・祝日】9:30〜16:00
【木・日曜日】休診
□勤務時間 【平日】《シフト1》9:00〜18:00(休憩45分)
    《シフト2》12:00〜21:00(休憩45分)
【土曜日・祝日】9:00〜16:45(休憩45分)
□休日・休暇 木曜・日曜・年末年始(年間休日120日)
有給休暇:取得奨励(勤務半年後10日支給)
□給与 【正社員】23万円
※試用期間3ヶ月20万円
※能力給 管理者手当あり
※経験者、転職者は経験能力により優遇
【時間給スタッフ(柔整学生)】1,300〜1,500円/時給
※出勤日・出勤時間自由の柔整学生 詳しくはこちら>>
※柔整学生2年生から採用
【ボディケアドバイザー正社員】18万円
※試用期間3ヶ月17万1千円
※残業代支給(残業は基本的になし)
□福利厚生 (1)社会保険完備(雇用保険、労災保険・厚生年金・健康保険)
(2)交通費支給(1ヶ月15,000円を上限)
(3)家賃補助 1ヶ月20,000円(交通費との同時支給なし)
(4)家族手当あり
□待遇 (1)入社後、研修制度あり(カリキュラム基づき、指導いたします)
(2)慰安旅行あり(温泉・海外・地方都市)
(3)社内イベント(BBQ・ボーリング大会・飲み会など)
(4)有給休暇制度(弊社規定による)
まずは、働く現場を見に行こう!

院内見学申し込み

面接や試験を受ける前に、まずは現場を見学しませんか?
現場に立って、ご自分が働く姿を想像してみてください!院のスタッフがご案内しますので、お気軽にお申し込みください。

お電話でのお問合せ・お申し込み
090-9154-5502

※月〜土曜日 10:00〜18:00

院内見学申し込みフォーム

※全てご記入ください。

お名前
ふりがな
ご年齢
希望職種
職種についてはこちらのページから>>
メールアドレス
メールアドレス
確認用
連絡先電話番号

見学第一希望日
見学第二希望日

その他ご質問や連絡事項があればご記入ください