治せる治療家、患者さんから選ばれる院、本物の手技技術

柔道整復師コラム

11.鍼灸師から診るギックリ腰

ギックリ腰になる機序は
「インナーマッスルの筋力低下→骨格の歪み→歪んだままの身体で生活→弱い所・特に負担のかかる所に痛み・症状が出る」
という順を追って痛みが現れます。
ギックリ腰の場合、痛みをとることも大事ですが、
また同じ痛みを繰り返さないように根本の治療もしていくことがとても大切になってきます。

ぎっくり腰を骨格調整と鍼灸治療で改善

ギックリ腰で来院された50代男性。

建設現場で仕事をされている方で、資材を持ったときにグキッとやってしまったそうです。 同僚の方に付き添われ、痛みを堪え、掴まれるところにしがみつきながらなんとか歩いて来院されました。 状態をみると・・・

  • 腰の真ん中(背骨)が痛い。
  • 腰が伸びない。(後屈で痛み)
  • 歩くのがやっと。何かにつかまってないと歩けない。
  • しゃがんで立つときに腰が痛み伸びない。

とりあえず歩けるようにはしたいなと思い治療をはじめました。

まずは、電療とアイシングで炎症を引かせます。次に「骨格・筋肉のバランス」を整えます。右の骨盤が後傾し腰椎の4・5番が右に捻じれていました。

加えて、わずかですが圧痛も右側の方が強くでていました。刺鍼は督脈(とくみゃく)の歪みがある箇所(腰陽関、身柱、大椎)、筋肉が弱り力が無い所(腎兪、右次髎、右環跳)に置鍼をして脊柱と骨盤のバランスを整えます。

この患者さんのように自分の体の歪みに気づかず、そのまま使い続けてしまい、ある日突然ギックリ腰になってしまう方は本当に多いです。

その根本の原因は、インナーマッスルの筋力低下
です。

最近は椅子やソファでの生活が増え、背もたれに寄り掛かるなど、インナーマッスルを使わない姿勢をとることが多くなりました。
インナーマッスルは目に見えず意識することが難しいですが、だからこそ鍼灸師がその人にあった体の使い方・鍛え方をアドバイスしていくことが大事になってくるのです。

2020年度募集要項

□募集職種

募集職種について>>

□雇用形態 正社員契約社員
□仕事内容 ・一般外傷治療
・自費診療(骨格矯正、コースメニュー)
・受付事務各種書類レセプト作成
・カルテ管理
□研修施設 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町 1−22−16 2F
□勤務地 ・神奈川県横浜市保土ヶ谷区(天王町駅徒歩7分)
・神奈川県横浜市戸塚区(東戸塚駅徒歩2分)
・神奈川県鎌倉市大船 (大船駅徒歩2分)
・神奈川県横浜市金沢区能見台 (能見台駅徒歩2分)
□診療受付時間 【平日】9:30〜20:30
【土曜日・祝日】9:30〜16:00
【木・日曜日】休診
□勤務時間 【平日】《シフト1》9:00〜18:00(休憩45分)
    《シフト2》12:00〜21:00(休憩45分)
【土曜日・祝日】9:00〜16:45(休憩45分)
□休日・休暇 木曜・日曜・年末年始(年間休日120日)
有給休暇:取得奨励(勤務半年後10日支給)
□給与 【正社員】23万円
※試用期間3ヶ月20万円
※能力給 管理者手当あり
※経験者、転職者は経験能力により優遇
【時間給スタッフ(柔整学生)】1,300〜1,500円/時給
※出勤日・出勤時間自由の柔整学生 詳しくはこちら>>
※柔整学生2年生から採用
【ボディケアドバイザー正社員】18万円
※試用期間3ヶ月17万1千円
※残業代支給(残業は基本的になし)
□福利厚生 (1)社会保険完備(雇用保険、労災保険・厚生年金・健康保険)
(2)交通費支給(1ヶ月15,000円を上限)
(3)家賃補助 1ヶ月20,000円(交通費との同時支給なし)
(4)家族手当あり
□待遇 (1)入社後、研修制度あり(カリキュラム基づき、指導いたします)
(2)慰安旅行あり(温泉・海外・地方都市)
(3)社内イベント(BBQ・ボーリング大会・飲み会など)
(4)有給休暇制度(弊社規定による)
まずは、働く現場を見に行こう!

院内見学申し込み

面接や試験を受ける前に、まずは現場を見学しませんか?
現場に立って、ご自分が働く姿を想像してみてください!院のスタッフがご案内しますので、お気軽にお申し込みください。

お電話でのお問合せ・お申し込み
090-9154-5502

※月〜土曜日 10:00〜18:00

院内見学申し込みフォーム

※全てご記入ください。

お名前
ふりがな
ご年齢
希望職種
職種についてはこちらのページから>>
メールアドレス
メールアドレス
確認用
連絡先電話番号

見学第一希望日
見学第二希望日

その他ご質問や連絡事項があればご記入ください